工事事例のカテゴリーページ


有限会社佐藤商工、東京都荒川区近郊での家庭用エアコンの事なら! 有限会社佐藤商工はお見積り無料です 有限会社佐藤商工電話受付について

工事事例のカテゴリー

ベランダ避難口を塞ぐエアコンの移設

ベランダの避難口を塞いで取付されて二段置きになっている室外機を移動してほしいとの依頼で作業をさせていただきました。

施工前です。2段置き設置のエアコン室外機が隣室へ避難する扉を塞いでいました。

ina04.JPG

1台は天井から吊り下げる仕様に変更し、もう1台は少し手前側に移動しました。これで、非常時も隣室ベランダへ避難できるようになりました。

ina03.JPG

曲げが不適切でエアコンから水漏れしていました

配管の曲げが不適切で、水漏れを起こしていました。取り付けた所には依頼したくないとのことで作業させて頂きました。

施工前です。配管の曲げが不適切で穴に向かって登り勾配、水漏れを起こしていました。エアコンのコーナーカバー部分でも排水ホースに力が掛かっていました。

ina02.JPG

一度取り外して、新しい配管パイプで取り付け直しさせて頂きました。水流しテストを行いスムースに流れることを確認しました。

ina01.JPG

(有)佐藤商工の最新エアコン工事事例

室内カバー事例1

出来るだけスッキリと室内カバーを取り付けたいとのことでしたが…
カーテンボックスを避け、カバーを取り付けるとなると、通気口が邪魔をしてかなり部品を 使った力作です。
最近は通気口が邪魔をするケースが多いのですが、お客様に満足いただけました。

sato_jirei-04.jpg

室内カバー事例2

室内リフォームをしたので、どうしても室内カバーを取り付けしたいという要望

このような形で蛇腹部品を使用しないで取り付けをしたところ、とても喜んでいただけました。

sato_jirei-03.jpg

室内カバー事例3

移設工事で今まで室内カバーを付けていなかったけれど、新築マンションに移るにあたって取付希望。
ちょうど室内機の角が丸まっていた時期の機種だったので、合わせる部品を探すのに苦労しました。
メーカーさんも室内カバーを取付することを考えてデザインしてくれると良いのですが…

sato_jirei-02.jpg

室内カバーうるさら

こちらもうるさらです。加湿ホースが追加されるので室内かばーの取り付けを嫌がる業者さんも多いと聞いております
こちらのお客様も他業者で曲がりが多く無理だと言われたようでご依頼がありました

sato_jirei-01.jpg

室外カバー事例

メーターボックス内に配管の出口があり珍しい室外カバーの取り付け例です。

sato_jirei-05.jpg

(有)佐藤商工のお勧めオプション

断熱ドレンホース

室内カバー設置の場合は、ドレンホースのつなぎの部分が曲り部分に当たってしまうと潰れてしまい、水漏れ原因にもなってしまうため、写真右側の室内断熱ドレンを個別にお勧めしております。 追加工事費用は別途2,160円となります。

断熱ドレンホース

エアカットバルブ

エアカットバルブ

気密性の高いマンションにエアコンを設置した場合、ポコポコとエアコンから音を発する場合が有ります。空気の圧力差でドレン排水部から発生する症状です。この部材を追加することでポコポコ音を防止することが出来ます。追加工事費用は別途2,160円となります。


エアコンからの「ポコポコ」音につきましては下記動画を参考にご覧ください。

共用廊下の塩ビドレン

マンション共用廊下に排水する場合、写真のように排水ルートが決められていて、その上にドレン排水を持ってくる必要が有ります。しかし、室内側と室外側の2本のホースを固定するのは難しく、場合によっては外れやすくなってしまいます。塩ビ管を使って合流させればそのような心配も無くなります。追加工事費用は別途3,240円となります。

共用廊下での塩ビドレン配管

上記オプションのセット割引

同時3点セットの場合 5,400円にてお受けしております。



(有)佐藤商工のエアコン工事事例

室内配管カバービフォーアフターその1

既設エアコンはテープ巻き仕上げでしたが、交換に伴い室内カバーで仕上げました。
キレイに仕上がったと喜んで頂けました。

室内配管カバービフォーアフターsato121002-2.jpg

室内配管カバービフォーアフターその2

室内カバー施工エアコンの取替え工事ですが、既存のカバーは蛇腹使用です。
最初はキレイですが蛇腹部分に埃が溜まって手入れしにくい事から、出来るだけ蛇腹部材は使用せず施工しております。

sato121002-2.jpg

室内配管カバービフォーアフターその3

こちらも、蛇腹部材を使用した室内配管カバー仕上げの取替え工事です。
配管の曲がりが特殊なパターンで苦労しましたがキレイ仕上がりました。

sato121002-2.jpg

室内配管カバー施工事例

sato121002-1.jpg

こちらも、テープ巻き仕上げでの施工でしたが、交換に伴い室内機の高さの低いタイプを選択する事で室内カバー仕上げで施工することが出来ました。


室内配管カバーを希望される場合は!

sato-50.jpg

変則室内カバーは、マンションの造りによって予想外の室内カバーパーツがを必要になる場合があるので、写真の添付のメールを頂けると 事前に最適な配管カバー部材を準備できます。


室内配管カバーの施工

下記は、室内配管カバーの施工事例です

換気機能が付いたエアコンで、収める配管が太くなりますが、段取りや曲げ位置を考えて施工すれば問題ありません

下側に貫通穴があり、室内側に露出する配管が長くなるお部屋でしたが、配管カバーに収めてキレイに施工できました。

sato121002-2.jpg

その他にも室内配管カバーの施工実績は多数ありますので、紹介させて頂きます。

マンションでは、お部屋の下側に配管を通す穴が付いていたり、梁の下へ回りこんだ位置に配管を通す穴が付いていることがあります。

室内配管カバーで施工することで、見た目に対して違和感無く仕上げることが出来ます。

sato121002-2.jpg




(有)佐藤商工のエアコン工事事例

ルームエアコンの隠蔽配管工事

IMG_0275_1.jpg

この工事は、ルームエアコンの配管を隠蔽で納めた事例です。

点検口から、隠蔽部で配管接続し、ドレンはスムースな傾斜になるよう塩ビパイプを断熱して配管しました。

配管が全く見えない工事が出来たので、お客様には非常に喜んでいただきました。


室外機の公団吊り取り付け

IMG_0277_1.jpg

この工事は、室外機を公団吊り仕様で取り付けた事例です。

公団吊りの場合、どうしてもジャバラ式のドレンホースが垂れ下がることが多いので、塩ビパイプを出来るだけ室外機のソバまで延長して、ジャバラ式のドレンホースが出来るだけ短くなるように施工しました。


室内機の据付事例

IMG_0282_1.jpg

この工事は、元々付いていた室内機固定用アンカーの位置がどうしても合いませんでした。

アンカー位置に合わせると、配管穴位置とずれてしまうため、取り付けが出来なかった事例です。

このように、すでに固定ボルトが設置してあっても、位置が合わない事が良くあります。

そこで、お客様と相談の上、既存のアンカーなどの穴を隠すように取り付けました。


室外配管カバーの施工

室外配管カバーの施工事例

こちらは、室外配管カバーの施工事例です。

2部屋からの配管を途中で一つにまとめて、1階まで下ろしました。

一見すると、樋管のように見え、建物に馴染んだ施工が出来ました。

取り付け場所に応じて、最適な施工方法を提案させていただきます。


2.5馬力天吊型エアコンの施工事例

IMG_0592-thumb.jpg

店舗に写真のような2.5馬力天井吊型エアコンを取り付けた事例です。

鏡があり、工事を行ないにくい場所でしたが、シートなどで養生し取り付けを行ないました。




Back_to_top